つり部 つり部

浜名湖で船釣り!

10月1日に行われた第2回目の活動は、ワシズマリーナから出船する、浜名湖での船釣り!
第1回目に部活グッズとして配布された「釣り竿」を持参しての参加です。
乗船前に「黒船屋」朝倉船長から、浜名湖の魚等について簡単な講座を受けました。沖にいる「カジキ」の角を見せてもらい、改めて浜名湖周辺の生き物の幅広さを実感した部員でした。

続いては、つり部の部長でアウトドアタレントのてっちゃんこと、鉄崎幹人さんからも
浜名湖の釣りについて話をしてもらいました。自然と生き物のことなら、てっちゃんにお任せ!

釣り部1回目活動報告画像1 釣り部1回目活動報告画像2

乗船準備が整ったら、5隻の船に分かれて、親子そろって順番に乗船。
各自クーラーボックスや飲み物も載せて、いざ!
釣り場までは、約15分ほど移動。お天気がよく、風が気持ちいい!
湖上から見る景色も最高♪『観覧車が見える!パルパルだ!!』なんて声も♪
日常では見るコトが出来ない景色を見れるのも船釣りの醍醐味!
釣れそうな場所は、魚群探知機で探したり、船長さんが浜名湖の底の形状から判断したりするそう。さすが船長!
各船、釣りポイントで停泊、
釣竿・仕掛のセット、エサ付けを行ったのですが、2回目の釣行だけあって、エサ付を自分で出来る部員が多く感心しました!
いよいよスタート。青イソメをエサに狙います。

釣り部1回目活動報告画像3

船を流しながら狙う為、今回は投げずに仕掛を垂らし、船の流れに任せ仕掛を引きづりながら魚のアタリを待ちます。
しばらくすると「あれ?もしかして何か釣れてる?」と実感する部員が出てきました。
慎重にリールを回して…。「やったー!釣れてる!」その瞬間のみんなの嬉しそうな顔。

釣り部1回目活動報告画像4 釣り部1回目活動報告画像5 釣り部1回目活動報告画像6 釣り部1回目活動報告画像7

最初に釣れたのは平たい銀色の「ヒイラギ」。船は釣れそうな場所にポイントを移動しながら、夕方まで釣りをしました。
部員のみんなは時間を忘れて「ヘダイ」「クロダイ」「キビレ」等を釣りました。

そんな中、なぜか「つり部部長」のてっちゃんの釣り竿が全く振るわず…。水面を見つめ、焦るてっちゃん。
17時に陸に戻るまでの間に、何とか4匹を釣り上げました。
本人曰く「150匹ぐらい釣ったんだけど、リリースしたからね」だそうです。(笑)

釣り部1回目活動報告画像8

すべての船が陸に戻ってから、部員はてっちゃんを囲んで「結果報告」。一番釣りあげた部員はなんと24匹!
その後は、てっちゃんから「ヘダイ」のさばき方と美味しい調理の仕方を教えてもらいました。
みんなの真剣な表情!自然を美味しくいただくところまで学べるのが「つり部」活動の良いところです。

釣り部1回目活動報告画像9

今回も最後は、当日の活動報告をしてくれる 静岡新聞子ども新聞「YOMOっと」の記者を決定。
「やりたい!」と言ってくれる部員が自主的に手を挙げてくれてくれました。嬉しかったです。

次回の活動は11月です!次回活動まで約2ケ月。どこまで成長できるかな。